知っておきたい創業者の悩み

Pocket

さまざまな事業や会社には創業者が存在します。
一見すると、順風満帆に見える大企業や中小企業であっても、創業者には悩みが尽きないものとされます。

創業者の主な悩みとして挙げられるのは、資金の調達と人材の確保です。
特に資金の調達というのは、操業する際にも必要であり、また経営を行なっていく上や企業によっては開発、人件費などさまざまな部分で必要となるものです。
そのため、資金が手に入れられないと、どんなに立派な志を持っていても何も出来ない場合があります。

また、二代目であれば会社で培ってきた資金や設備、ノウハウや知識、人材などを受け継ぎながら試行錯誤しながら経営をしていくことが可能ですが、創業者であれば完全にゼロからのスタートとなります。
ただ、ゼロからのスタートというのはデメリットにも感じられますが、自分の思った通りに物事を進められる、自由度がある、という点は大きく、新事業を始める際にはメリットだとも言えます。

ルート・アンド・パートナーズでは創業者や継承者のコンサルティングのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ユーロ
    二代目、三代目は会社を潰す? 二代目、三代目は会社を潰すということをよく耳にします。 しかし、当…
  2. HighNetWorth Magazine
    HighNetWorth Magazineとは HighNetWorth Magazineは、主に…
  3. 悩み
    二代目経営者は、ビジネス上の様々な人々との関係から、創業者と比べて事業を進めていくのが難しいと言われ…
ページ上部へ戻る